LoyaltyNFTプロジェクトネーミングコンペティション

LoyaltyNFTプロジェクトを進行するにあたり

プラットフォーム(プロジェクト)の正式名称を決定するネーミングコンペを開催します。

当フォーラムによる複数の投票で候補を2つに絞り、最終的にTXJPホルダーによるスナップショット投票によって優勝したネーミングを正式名称として採用します。

優勝者には10TXJPと特別なLoyaltyNFTを贈呈されます。

皆様の素敵なアイデアをお待ちしています!

「いいね!」 2

発案者:hagoromo

プラットフォーム名: 宿り(YADORI)

宿り(YADORI)

プロジェクトに魂を宿す意味を込めて。

数量を表すFTに対して、様々なデータや権利を表現できるNFTによってプロジェクトに対する貢献や愛着を可視化し、プロジェクトに魂を宿す役割を表します。

プラットフォーム名: 矢文(YABUMI)

的(ターゲットアドレス)に文(メッセージ、NFT)を届けるイメージから。

YAMATO、YOROZUを踏襲し、Y始まりを意識しました。

「いいね!」 2

発案者:cryptojyollyさん

プラットフォーム名:祭り(MATSURI)

各地には多種多様な祭りが存在し、何一つ同じ祭りは存在しない性質がNFTと近いのではという気づきから着想を得ました。

また多種多様なスキルを持った参加者が共通の目的を達成するために集まる様子は実にDAO的だとも考えられます。

祭りには多様性はありつつも一定のフォーマットが存在し、それらをなぞらえて設計に反映させると公共のものとして展開するときに分かりやすいかなという考えもあります。

(屋台→マーケット機能、神輿→NFT化する対象、花火→エアドロップ機能など)

テーマに沿ってイベントが開催されるときにYAMATO祭りとかYOROZU祭りのようにネーミングが楽ですし、プラットフォーム名も拡散できてよいかなと思います

「いいね!」 2

発案者:Nakkさん

【Kotodama】or【Kotoba】

言葉は単なる記号で、何にでもなれるし、逆に記号だけだと何の意味も持たない。そこに発信者の想いや考えが付加されて初めて意味(霊)を持ち、社会を駆け巡る。

NFTも単なるデータで、何にでもなれるし、逆にデータだけだと何の意味も持たない。そこにDAOの想いや考えに基づいた機能が付加されて初めて意味(霊)を持ち、社会を駆け巡る。

という発想からです。

そして、機能が複数付加できるとすれば、機能ごとに漢字を当てはめたネーミングをつけるという拡張性もあるのかなと思ってます。例えば、コールオプションなら「買(kai)」、プット売りなら「売(uri)」、複数NFTで一つの図柄を作れる機能なら「合(awase)」など

poruさん

①【写楽】

日本を代表する浮世絵師

「写楽」という雑誌もあったように日本人にはイメージが伝わりやすそう

②【北斎HOKUSAI】

こちらも日本を代表する浮世絵師

現在HOKUSAIのNFTも英美術館が発行しているので世界的にも名前は通用しそう

発案者:猫村さん

AKASHI(証)

“founderとしての証を形にしたい”

“Loyaltyの証を形にしたい”

“頑張った証を形にしたい”

“自分の証を形にしたい”

DFGCが提唱するNFTの使い方の1つだと思います。

発案者: kon20さん

FUJI

[富士]その姿は孤高。唯一無二というイメージに合致する。

[不二]文字通りまさに二つとない様

[不死]一度発行されればブロックチェーンに刻まれ永遠に残り続ける。