日本円ステーブルトークンのティッカーを考えよう☆

コミュチャでの話し合いをこちらに移転。

DJPY (Decentralized JPY)とかどうですか?

DJP, DJY, DYEN
頭文字をDにしたくなりますね(^_^;) あ、S(Stabled)とかP(Pegged)でも良いか。
SJPY, SJP, SYEN, PJPY, PJP, PYEN
ぴえん、とか?!

D3Y
decentralized digital demanded YEN
3つ目は語呂合わせで引っ張りだしましたが、今までの円は一方的に供給されるものであったことに対して、こちらは私たちの需要サイドから起こされたものだという感じの意味を込めてます。

GJPY
GeekのGから取りました

1 Likes

GJPYはGYENとごっちゃになりそうなので、個人的にはDJPY推しですね~。

ティッカーも声に出して読んだ時に語呂がイイ感じが理想かなぁ。
言いやすかったり、覚えやすかったり、意味が分かったり、とか?

ロゴマークを作る時の"メリコの法則"っていうのがあって、「目立つこと、理解できること、好感が持てること」っていうのは応用ができるかもしれないですね。

DAIのように思い切ってJPYやYENという表記を入れないというのも選択肢として増えても良いよね。

最終的には、円ペッグトークンのティッカーと正式名称、プロトコル(Dapp)名、ガバナンストークンのティッカーと名称を決めていくことになる。

自由に意見出し合って、ふんわりしたものから素敵な一粒を取り出していきましょう☆

ステーブルトークンのティッカー及び呼称が、ステルスで良い案が提出されました。
最終的に各国通貨及び何らかのペッグトークンとして対応できるものです。

また同時に、プロトコルの名称も提案が上がっています。

トークンティッカー及び呼称は、登録の重複をできる限り避けたいですので、コントラクトリリースまでステルスにします。

プロトコル名は仮に決定とし、Dapp名称は別に必要なイメージです。
こちらはプロジェクトの正式な発表時にブログ等で公表したいと考えています。